不眠の原因をチェックする|子供の発達障害を改善できる時代がやってきた

子供の発達障害を改善できる時代がやってきた

不眠の原因をチェックする

メンズ

色々な原因

不眠症とは、寝つきが悪く睡眠を維持できない、朝早く目が覚めたり睡眠障害が長く続く状態の事を指します。睡眠が十分とれないままだと日中眠気を感じ続け、倦怠感や集中力低下、食欲低下などの不調が出てきます。不眠症は原因が明確でない原発性不眠と、身体疾患や生活習慣、悩みや心配事のストレスからもたらされる二次性不眠の2つに分けられます。またあまり聞きなれない病気ですが睡眠時無呼吸症候群や、むずむず足症候群などの疾患。うつ病による精神疾患の不眠などは、早急に専門施設での検査と治療が必要です。不眠症には色々な原因がありますが、日本では一般的に60歳以上になると3人に1人が有病率として不眠に悩まされると言われています。

睡眠習慣を改善させる

最適な睡眠時間が確保できないと、日中に眠気を感じ意欲低下や、うつ状態など招きます。特に運転中の注意散漫は非常に危険です。最適な睡眠時間には個人差がありますが普段の睡眠が3時間でも平気な方もいます。なので必ずしも睡眠時間の不足が不眠症に結び付くわけではありません。不眠症の検査は精神科によって行われます。まず診断では睡眠状態や生活環境のカウンセリングを行います。不眠であると判断した場合、色々な装置を付けて患者さんには一晩眠ってもらいます。そして睡眠時の脳波、心電図や眼球運動、呼吸など記録していきます。運動障害や無呼吸症候群などの診断も正確に行うことが出来ます。不眠によって生活の質が低下しているという結果の場合、リラックスして睡眠に入る治療を行います。主な治療は音楽を流したり、30分程度の有酸素運動を取り入れたりします。薬物治療では睡眠薬を処方することが一般的です。治療期間は短期で3か月から数年と基礎疾患により経過は様々です。最近では睡眠薬以外にも睡眠リズムを修正して自然な眠気を散る入れる薬もあります。不眠症で悩んでいる方は諦めずに治療を継続することが大事です。